〒615-8072
京都府京都市右京区西京極堤町35-1
ベルビスタ1F-B

075-325-5725

Web予約はこちら

電話マーク

お電話

メニュー

運動療法 イメージ
見出しアイコン

運動療法

運動療法の特徴や施術効果とは

慢性的な肩こりや腰痛、ぎっくり腰、四十肩・五十肩、膝の痛みなど、身体の痛みに悩まされている方が多いのではないでしょうか?
そのような方には、運動療法が効果的です。

近年、多くのデータもあり当院でも改善成績は運動を行っている方が短期的に改善される例が多くあります。
手技や物理療法は、弱くなった部分の補強や動きづらさの改善には限界があると思います。

スポーツ障害なども、繰り返し同じ部位に負担がかかって起こることが多く、動作の改善や運動療法が必要になります。
改善点は、人によりさまざまなので、飽きず楽しく効果的に行っていただくように工夫しています。
運動療法は、局所のみの改善ではなく多角的なアプローチが可能です。

目次

このようなことに悩まされていませんか?

  • 慢性的な腰痛を改善したい
  • しなやかな身体に変えていきたい
  • ケガをしない身体をつくりたい
  • 痛みを改善するよい方法が知りたい
  • 運動療法の効果が知りたい
  • 運動療法の特徴を知りたい

運動療法の特徴について

ここでは、運動療法の内容や特徴についてご紹介していきます。
ご自身で体操してもらうことはもちろん、機材を使用する運動も中にはあります。

運動療法の特徴について

運動療法は、ケガの症状の改善、予防をはじめ、糖尿病や高血圧といった内科的疾患の改善・予防、美容などにも行われます。
慢性運動器疾患やスポーツ障害などは、患部に施術を行うことも大切ですが、機能的な負担を考慮することで、回復の可能性は高まります。
その際、多くの「関節」「筋肉」「神経」「感覚」に影響を与えられるのが、運動療法です。
運動療法のおもな種類は次のようなものです。

・柔軟性の向上
・協調性と分離運動
・体幹部・四肢の筋力強化
・歩行訓練
・バランス訓練

それぞれの目的に合わせて、メニューを組みます。

運動療法の施術メニュー

実際に行われる運動療法の施術メニューとしていくつかご紹介していきます。

 

●セルフケアの指導

当院では提示したセルフケアを継続して実践できる方の方が通院機関が短く改善されています。
筋力や柔軟性、習慣は繰り返すことで自分のものになります。
皆様も頑張って続けていただけるとありがたいです。

運動を効果的に行っていただくために、動画プリントをお渡しするようにしています。
その方に合った運動メニューを作成し、ご自宅でもできるようにしています。
みなさまの努力がむだにならないよう、ていねいな説明動画をお送りしますので、安心して、頑張ってください。
運動の種類は、その方の運動経験に合わせて簡単なものから行っていただくようご提案しています。

 

●運動学習

身体の中では使いやすい所が、使えない所をカバーし動くようになっていたり、使えない所をカバーし一部に負担がかかったりしてしまいます。
こうなってしまうと習慣化され使用頻度の高くなってしまった所はがケガしたり、痛みが出てしまったりします。
このような習慣の改善を行う時に身体を動かす際の意識づけを行います。
動かしたい場所、使いたい筋肉を無理なくに動かせるように身体に思い出させたり、再学習させたりします。

非効率な運動は、「ケガの原因」「力み」を生み出し、更に非効率な運動習慣を作ってしまいます。
動作を見直し、負担の少ない運動を学習する事でケガの予防や生活しやすい環境を作っていきます。

 

●呼吸方法

呼吸は人が生まれて初めて行う原始的な運動になります。
しかし、現在では残念ながら呼吸の浅い方が多くいらっしゃいます。

理由の1つに同一姿勢を維持する時間の長い生活が原因だと想定します。
運動時に問題になってくる柔軟性の低下も呼吸するための筋群の機能低下やその周りの肋骨や鎖骨、背骨の可動性の低下などの影響も多いと思います。
呼吸が浅いと体内酸素量は低下し、すぐにスタミナ切れになったり、力みやすくなったり、高齢の方は血圧が上がりやすくなります。
他にはリラックスできない、イライラする、集中できないなどの原因にもなりえます。
このような事により呼吸の正常化強化は健康な生活を送る為に色々なトレーニングを行うよりも重要性が高いと考えています。
アスリートのパフォーマンスアップ、不定愁訴の改善まで一度は皆さんの呼吸を見て検査しています。
浅い場合や呼吸不全の場合は指導していきます。

 

●ピラティス

ピラティスは、ドイツ発祥の運動療法です。
身体の元来するべき動きを取り戻していきます。
体幹を安定させながら四肢を動かしたり、背骨の動きを一つ一つ確認しながら動かしたり、動きと呼吸を連動させたりと色々な形で身体を動かすエクササイズになります。
小さいお子さんからしっかりとしたアスリートの方々、ご年配の方まで幅広い年齢の方が安全に行いながら、高度な負荷まで掛けられます。

動かす面白さ、難しさなどを実感していただけると思います。
現代の日本の生活では、身体のなかで「使う」部分と「使わない」部分の差が大きく、姿勢の乱れや、慢性運動器疾患の要因になっていることが多く見られます。
また、トレーニングの内容が偏りがちになると、スポーツ障害などの要因にもなっています。
身体の色々なところが使えるようになる事で運動機能向上健康維持しなやかな動作の獲得、美容の入口として、ピラティスを推奨しています。

運動療法で使用される主な機材

●MCC(加圧)

加圧を掛け血流を低下させながら行うトレーニングです。
虚血しながらトレーニングを行うことで色々な効果を期待することができます。 ・酸欠の状態でも動ける体作り
・速筋の導引量を増やす
・効率よく筋肥大を狙える
・成長ホルモンの分泌を促す
導入しているMCCは、機器で「血圧」「脈拍」をはかりながら行うため、安全にトレーニングを行うことができます。
加圧トレーニングは目的の筋肉に、負荷を与えた状態でトレーニングを行うことで、少ない重さでも十分な筋力増加効果が期待できます。

MCCの詳細はこちら

 

●ホグレル

筋肉は「短縮」「伸長」のリズムで動いています。
そのリズムがうまく働かないと、運動効率が下がってしまいます。
効率的に身体を動かすことで、力のロスを減らし、疲れにくさやスムーズな動きをつくっていくためのストレッチマシンです。
低負荷で行う動的ストレッチマシーンです。

ホグレルの詳細はこちら

そのほか、「バランスボール」「ストレッチポール」「ケルトベル」「ウォーターバック」「バランスパッド」「下駄」「TRX」など色々な機材があります。

運動療法による施術の効果と症状

運動を行うことによって、身体にはさまざまなよい影響が期待できます。
また、身体の状態が変化することで、日頃悩まされていた身体の痛みや不調を改善する効果にも期待がもてます。
ここでは、運動療法の効果や改善が期待される症状についてご紹介していきます。

運動療法の効果について

運動療法を行うことで、ケガの症状の改善や、心身の調子を整える効果が期待されます。
ここでは、おもにどのような心身の変化が期待できるのかについて、ご紹介します。

 

●安定性の獲得

色々な運動を行うことで、関節の柔軟性の向上、筋肉の活動の正常化、感覚や重心移動の向上などの効果が得られます。
その結果、身体の上手な動かし方・使い方や良い姿勢を身に付けられ、静止時、動作時共に身体の安定性が向上します。
更には、骨盤や背骨でしっかりと身体を支えることができ、身体に負担がかかりづらく、痛みの出にくい身体となることが期待できるのです。
そのような良い姿勢の感覚が芽生えてくると立っていても座っていても身体に負担がかからない姿勢を保持することが可能になってきます。

 

●運動しやすくなる

身体が安定することで、運動の際の負担が軽減するため、疲れにくい身体になるという利点があります。
ケガのリスクも減少し、日常生活やスポーツの場でも、快適に身体を動かせるようになる可能性が高まります。

 

●身体の負担が減る

作業をするときの身体にかかる負担が減ることで、肩こり腰痛といった痛みの予防にも効果が期待されます。
肩こりや腰痛といった慢性的な痛みは、日頃の不良姿勢や負担のかかる身体の使い方を行うことによる、疲労の蓄積が原因であるとされています。
背骨や肩甲骨まわり、骨盤といった部位の負担が減ることで、そのような身体の痛みも出にくくなるのです。

 

●身体の不調を改善

運動によって筋肉の柔軟性や血流が改善し、肩こりや腰痛などの痛みの予防にも、効果が期待されます。
現在より「負担の少ない姿勢」や、「効率のいい動作」を行い、途中で簡単な効果の高いセルフケアが行えると、症状は出にくくなります。
これらを見直すと、さまざまな症状が軽減する可能性があります。
そのため、肩こりによる頭痛やめまい、不眠ストレスといった身体の不調を改善された方が多くおられます。

 

●気持ちの安定と自信の回復

運動が嫌いや苦手な方、高齢者の方で運動をしない方は、「できない」と思っている方が多くいらっしゃいます。
できるという経験が少なかったり、いろいろなことができなくなってきたりして、不安や自己嫌悪に陥っている方が多いと考えられます。
まず、できることと、できないことを分けることが大切です。
そして、できる経験を積み、生活の範囲を狭めないようにすることや、代わりの動作を見つけることで、かなり前向きに生活できるようになると考えられます。
このようなことも、運動療法によって、可能性が高まります。

あおぞら整骨院の運動療法

動くことで、人に会うことができたり、楽しい場に行ったりして社会とつながることが出来ます。
何より自信になると考えられます。
運動療法の段階的なアプローチによって、次のような改善が期待されます。
対象となる方とその改善にも触れます。

 

●スポーツをする方

慣れた動作でも、気づかないうちに、ケガの危険に近づいていることが多くあります。
例えば、投球動作で、肩甲骨や股関節があまり機能していないと、肘や肩に負担がかかります。
そのため、大切なのは使えないことの理由を探すことと使える部分を増やすことで、ケガの可能性は減り、パフォーマンスの向上が見込めます。

 

●慢性運動器疾患の方

世界的に最も推奨されているのは、運動療法と言われています。
運動しても症状が改善しないと言われる方やジムに通っていたりスポーツをする方にも痛みを訴える方が多くいらっしゃいます。
それは運動の種類や強度、回数が症状の改善に適していない。という事です。
運動療法は、「○○疾患」には「○○運動」というものではなく、強度や頻度をみながら行うことが大事です。
無理に繰り返して、症状が悪化する方も多くおられます。
そうなると運動療法が苦手になったり、効果が期待できずやめてしまったりしてしまいます。
「運動する気持ち=元気でいたい気持ち」が大切です。
まずは、(疲れない程度の)運動強度が低く、高頻回の運動(ブラブラ、クネクネなど)で、血流の改善や、身体を柔らかくする意識で行うことから始めていきましょう。
継続していい習慣にしていただくように楽しく効果的な方法をご提案をさせていただきます。

●働いている方

日頃から疲労がたまり、さらに運動まではムリ、という方もいらっしゃいます。
しかし、いつも同じ部分がこるのは、使いすぎているところで、そこを運動療法で緩めることをご提案いたします。
使い過ぎないように、ほかの「筋」「関節」を鍛えることも、同時に行うことができます。
負荷は小さく、気持ちがいい程度に行うと、セルフケアにもなります。
軽く動くとか、ストレス発散で目一杯動かすなど、みなさまの目的に応じた運動療法を提供します。

よくある質問

質問文が入ります。

回答が入ります。

▲ ページTOPに戻る

MENU

保険施術アイコン

保険施術

手技療法アイコン

手技療法

運動療法アイコン

運動療法

電気療法アイコン

電気療法

超音波療法アイコン

超音波療法

酸素カプセルアイコン

酸素カプセル

ABOUT US

あおぞら整骨院

住所

〒615-8072
京都府京都市右京区西京極堤町35-1
ベルビスタ1F-B

最寄駅

阪急京都線 西京極駅より徒歩2分

駐車場

近隣のコインパーキングをご利用ください

9:30〜20:30
お電話でのお問い合わせ

075-325-5725

 
Web予約はこちら24時間受付

BACK TO TOP

WEB予約アイコン

WEB予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー